ブログ

くっそ暑いので広島で評判のコオリヤ ユキボウシにかき氷を食べに行った

くっそ暑いです! こんにちは! phantom(@phantom)です。くっそ暑いです!(2回目)

「こんなに暑い日は、生まれて初めてなんじゃないか?」と思うくらい、暑い日が続いています。って、日本語がおかしいですが、気にしないでください。

さて今日は、広島の本通りで用事を済ませてブラブラしていました。

そしたら突然「そうだ! かき氷の有名なお店が、広島の本通り付近にあったな?」ってことを思い出しました。

そこで、広島の有名店コオリヤ ユキボウシにかき氷を食べに行くことにしました!

かき氷コオリヤ ユキボウシのお店の場所と行き方は?

広島の本通りから、コオリヤ ユキボウシは近いです。写真を見ながら、案内してみます。これ、広島の本通りです。広島で一番の中心街です。

本通りの途中に、ビルのてっぺんに円盤みたいなレストランが乗っかっている広島国際ホテルへ向かう横道があるので、そこに入ります。

広島国際ホテルの前の通りに出ます。

ちなみに、この道には変な自販機があります。この自販機、なんか不思議じゃないですか?

実は、これお店の扉なんです。一見しただけでは、ぜんぜんわからないですよね(笑) まぁ、それはいいとして……

国際ホテルを突き当たって左に曲がると、ローソンがあります。そこを右へ入ります。

すると、一つ目の交差点に米米食堂というお店があります。そこを左に曲がります。

そしたら、右手に行列ができてます! あそこですな!

暑いから行列ができてます! ここが広島で有名なかき氷のお店、コオリヤ ユキボウシです。



コオリヤ ユキボウシのかき氷の注文の仕方

今日は休日でお客さんが多いので、表で整理券を配っていました。行ってすぐにはお店に入れませんでした。

ここで整理券を受け取って、時間になったら再度来店することでお店に入れるシステムになってました。ちょうど昼間で、混んでいる時間帯だったからだと思います。

こんな感じで整理券をもらいました。

裏に付箋で、13:15って書いてくれました。この時間になったら、もう一回来てください、ってことでした。僕の場合は30分待ちでした。

近くをブラブラして、時間をつぶします。

戻ってきました。

メニューはこんな感じ。桃やメロン、マンゴーなどのフルーツの他に、鉄板の抹茶など。広島ならではのカープなんていう野球チームを表現したメニューもありますな。

コオリヤ ユキボウシは食券です。じゃあ、店内に入ってみます♪

ここで食券を買います。何にしようかな~?

鉄板の抹茶白玉金時にしました。お値段は880円。けっこうしますな(笑)

店内の雰囲気はこんな感じ。

なんか、おしゃれな昭和風です。カウンター席とテーブル席がありました。

店内の張り紙。天然水で作っている氷は、確か特別料金でした。

コオリヤ ユキボウシのかき氷の味は?

さて、いよいよかき氷とのご対面です!

ででーん! 注文した抹茶白玉金時がきました♪ って、でかいな!!

練乳は別のお皿でついています。なんか木製のスプーンがやさしいですね。

横から見たら、日本昔話のごはんのように氷が盛られてます。これ、全部食べられるかな? と心配になります(笑)

食べてみたら、ふんわりシュッ!と氷が解けますね。

で、味についてなんですけど、正直、よくわからん(笑)

僕は、かき氷って子供のころにそんなに食べてなかったんですよ。なんかね、「かき氷が美味い」という感覚が分からないんです。

だから今日も、かき氷を食べるのは数十年ぶりなんですよ。

まぁでも、さくさくとスプーンが進んでいきます。中に小豆が隠れています。

そういえば、隣に座っていた学生風の2人組の女の子は、すごい勢いで食べてました(笑) 女子ってすげえ(笑)

白玉がもちっとしてます。練乳は、サラサラとしています。

かき氷は、食べていると最後は水が残ります。そこで、テーブルにはストローが用意されていました。

ストローを使って吸うと、ジュース感覚で最後まで楽しめる=飲めるってことみたいです。お店の計らいですね。へぇーって感心しました。

ということで、完食です! ごちそうさまでしたー!

かなりのボリュームでした! 味はよくわからんけど、美味しいんだと思います!(なんだこの適当な感想は?)

まとめ

いやー、数十年ぶりにかき氷を食べました!

正直、かき氷という食べ物が美味いかどうか僕には分からないんですけど、少なくともコオリヤ ユキボウシさんは、真っ当なお店であることはわかりました。

めっちゃ暑かった身体が、かき氷を食べて落ち着きました。かき氷って、昔ながらの日本人の知恵なんだなーって思いました。

僕は普段はあまり外食しないんですが、入ってみて良かったと思いましたよ!