独立までの物語

価値観がガラガラと崩壊!いきなり7万円を稼ぐ!(独立への道2)

こんにちは!phantomです。

前回はインターネットビジネスに出会うまでの話をしました。

インターネットビジネスとの出会い(独立への道1)「座り心地の良いイスが欲しいなぁ……(ひとりごと)」 ↑ ↑ ↑ レビューが高評価なんですけど、この人間工学に基づいた設...

今回は、ネットビジネスを始めて、僕の価値観が崩壊した話をします。

それでは、さっそくお話ししていきます!

「金持ち父さん貧乏父さん」の衝撃

「これから先、どうすればいいのかなぁ? 就職なんて難しいだろうし、就職できてもそんなに給料もらえないだろうし、かといってプラモでお金稼ぐのもつらいし……、って、もしかして詰んでないか???」

そんなことをウダウダ言っていた僕ですが、

「まず、お金を稼ぐんですよ!」

と友人のSさんから力強い言葉をいただいて、僕の価値観が変わりました。

「めっちゃシンプル! そうだよね! お金を稼いだら、すべての悩みは解決じゃん! じゃあ、お金のことを勉強しよう!」

となりました。

Sさんは、ついでにこんな本を勧めていました。

「金持ち父さん貧乏父さん」という本です。

今、一つ言えることがあります。

この本は、僕の人生を変えた1冊です。間違いないです。

この本で学んだことを、今の僕の価値観として、ざっと今からお話ししていきます。

「仕事」とは「働くこと」ではなかった!

僕は、お金とは、「汗水たらして、一生懸命はたらいて稼ぐもの」だと思ってました。

仕事というのは、「1日8時間くらい働くことだ」と思ってました。

でも、違うんですよ。それは仕事ではなく、「労働」だったんです。

仕事と労働は、違うんです。

仕事とは、他人に価値を提供し、感謝されることでお金をいただくこと。

労働とは、雇用主に時間と労力を提供することでお金をいただくこと。

こういうことだったんです。

他人の悩みを解決したり、役に立って感謝されたりすることで、お金が得られるのが仕事です。「事に仕える」ということです。(ここ、めっちゃ重要です)

労働は、自分の能力がうんぬんとか、感謝されるとかされないとか、あんま関係ないです。ダラダラ働いても、せっせと働いても、月給(または時間給)なんだから、もらえる給料は変わらないです。

労働って、なんか残念なシステムじゃないですか?

どれだけいいサービスを提供してお客さんに感謝される人も、隠れてサボって商品をつまみぐいしている人も、同じ時間を働いたら同じ給料なんですよ。

しかも、労働は稼げる額に上限があります。

例えば、時給が1000円だとしましょう。そしたら、1日に稼げる上限は24000円です。これ以上は、絶対無理なんです。

でも、仕事ならそんな上限はないんですよ。実際に、僕は1日で24000円以上稼げる日があります。

これって、バイトとかサラリーマンやってたら、絶対に無理なんですよ。

お金を稼ぐには、労働やっててもダメということが分かりました。そうではなく、仕事をしないとダメなんですよ。

もう一度いうと、仕事とは、他人に価値を提供して感謝されることでお金を得ることです。

貧乏な人とお金持ちの違いとは!?

それから、もうひとつ。「金持ち父さん貧乏父さん」を読んで、めちゃくちゃ重要なことが分かりました。

お金を稼ぐには、資産を作る必要があることが分かりました。

資産とは「ポケットに自動的にお金を入れてくれるもの」のことです。

これは、マンションとかを考えると分かりやすいです。

マンションの大家さんって、家賃をもらえますよね? 何にもしなくても、毎月家賃が自動的に入ってきます。

そりゃ、実際にはいろいろ管理とかあるんでしょうけど、サラリーマンやバイトとは、お金の入ってくるルートが全然違うんですよ。

こんな図を作りました。ちょっと流れを見てください。

貧乏な人って、こういうお金の流れをしているんです。

貧乏な人は、労働してお金を得ています。そして、生活費や欲しいものを買って、残った金額が貯金となります。

まぁ、当たり前ですよね? 僕もそう思いますよ。

てか、これしかないと思ってたんですよ。でも、お金持ちは違うんです。

お金持ちって、資産からお金が入ってくるんです。

お金が入ってくるところが、違うんですよ。そして、得た収入から差し引いて残ったお金を、また資産の構築に投資します。

だから、お金がどんどん増えていくんです。貧乏な人のお金の流れと、全然違いますよね?

あっちは、消耗型というか、ジリ貧というか、「働く時間を増やす・時給を増やす・支出しない」ことでしか、お金を増やせないのです。

この仕組みを知ってしまったら、バカバカしくて労働なんてやってられないです。

行うべきは、資産の構築です。それがはっきりと分かりました。

そして、現代において資産の構築がもっとも行いやすいのがインターネットなのです。

インターネットは、マジで素晴らしいです。これがなかったら、僕は本当にこの世界で終わってました。

僕は「覚醒」した!

ついでに、バイトの環境が地獄だったことも、ちょいと書いておきます。僕はこのお蔭で「覚醒」できたんです。ほんとにひどい話でした。

僕は、前に働いていた飲食店のバイトをやめて、ケーキ屋のバイトに入りました。なんか、いろんなレシピに関心があったからです。

この環境は、良くも悪くも自由でした。僕は、ケーキの材料に使うタルト生地やカスタードの仕込みをする仕事担当になりました。

基本的に分業制なので、僕以外にはこの仕込みは誰もやりません。必要な分が仕込んであれば文句は言われないので、そこは楽でした。

しかしその代わり、僕が続けて休むと仕込みが無くなるし、クリスマスなどのイベントで忙しくても、誰も手伝ってくれません。

たまに僕が他の人の仕事を手伝っても、最初は感謝されるけど、そのうち「あなたがやってくれるんでしょ?」と、それが当たり前になりました。

このような、誰にも感謝されない職場の中で、僕は心を閉ざして笑わなくなっていきました。

「ひな事件」が起こって、覚醒する

そして、決定的だったのが、ひな祭りイベントの仕込みで起こった事件、通称「ひな事件」です。少し説明します。

このようなイベントでは大量にタルト生地が必要になるので、数か月前から準備しないといけません。僕は、部長にどれくらい生地が必要なのかを聞きました。

PCで去年のデータをプリントするだけなのに、この部長が一向に答えを返してくれません。僕は、毎日のように催促しました。

しばらくして、ようやく部長が数字を出してきました。僕は、しぶしぶ仕込みを始めました。

その後日……

なんと「その生地は使わない予定である」ことが分かりました。

(あんだけ催促して、ようやく数字を出してきたと思ったら、こんどは使わないだと!? これ、どうするんだよ? 他に使えねーじゃん!?)

そう内心では思いつつも、僕は怒る気力もなくなって、

「それなら、最初にそういってよ……」

そのように伝えました。部長は「念のため」とかゴチャゴチャいってました。

さらに、追い打ち

この話は、まだ終わらないです。

それから後日……

ある日、僕は出勤して、ひょいと冷蔵庫の壁を見ました。すると、ひなまつりのポスターが張ってありました。

そこには、あの「使わない予定」だったタルトの写真が掲載されていました。

このポスターを見て、僕は愕然としました。

ポスターに写真が掲載されているということは、このタルトは販売するということです。

ずいぶん前に試作を作って、それを写真撮影して、それをポスターにデザインして、プリントして、各店舗に発送しているんです。

それ、いつから、準備してたんだよ……?

僕には、何の連絡もなしに……?

あんだけ、事前に催促したのに? なかなか返事しなかったくせに?

あのね? このタルト生地を作ってるのは、僕しかいないんだよ?

だから、誰よりも早く数を教えてくれと言ったんだよ?

準備するの大変じゃん? だって、誰もやらないでしょ?

タルト販売するのは勝手だよ? でもさ、その生地は誰が用意するの?

なぜ、ひとこともないの?

え?

なんなの???

(ここで覚醒)

一体、僕は、何のために「数を早く出して」とお願いしたんだろう?

それが責任感のある僕の役割だと?

ちがうよ、そんな役割なんて幻想だ。

僕は、誰のために、こんなことしてるんだろう?

僕は、何のために、ここにいるんだろう?

何のために? 誰のために?

こんな、誰にも感謝されないところで労働するのは止めよう。

人に価値を提供して、感謝されることをしていこう。そうやって生きていこう。

目標は、まずはバイトを辞めること。

独立して、それでも生活できるくらいのお金を稼ぐこと。

それを目指そう。

僕は、静かに冷たい意志を固めました。

今となっては感謝なんですけど、このような事件のおかげで、僕は本気でネットビジネスをすることにしました。

いきなり7万稼いだ

そのあと、どういう経緯だったのか忘れましたが、簡単にお金を稼ぐ方法が見つかりました。

もちろん、はじめは怖かったです。やるのが心配でした。

でも、実際にやってみたら、全然大丈夫でした。

例えると、水道の蛇口をひねって水が出ることって、不思議でもなんでもないですよね? でも、原始人が見たら「魔法だ!」ってビックリすると思うんですよ。

同じ人間なのに、どうして原始人はビックリして、僕たちはビックリしないのか?

それは、仕組みを知っているからですよね。

原理原則が分かっていれば、心配も不安もないんですよ。詐欺でも嘘でも、なんでもないです。だって、そこには仕組みがあるだけだから。

僕はこの方法を使って、一ヶ月で7万くらい稼ぎました。ただ、この方法は永遠に使えるわけではないので、資産の構築にはならないです。

初心者ボーナスみたいなものなので、ある程度稼いだら、そこで止めて次のステージに移るのがおすすめです。

まとめ

ということで、ネットビジネスを始めたら簡単に7万円稼げました。

これを元手にして、さらにビジネスの先輩に弟子入りして、学んでいくことになります。

■次の記事↓

コンサル受けたら残念な人だった!でも月5万円を稼いだ!(独立への道3)こんにちは!phantomです。 前回は、僕の価値観が崩壊したことと、実際にネットビジネスをしてみたら、一ヶ月で7万円も稼げたこと...