思考のこと

アインシュタインの名言にシビれた話

こんにちは! じいこす(@じいこす)です。

あなたは、アインシュタインって知ってますか? まあ、知らない人はいないくらい有名な天才物理学者です。相対性理論で有名ですよね。

僕は一時期、相対性理論にハマって、本を読みまくったことがあります。

もう10年も以上も前の話なので、ぜんぶ忘れてしまったんですけどね(笑)

でも、今でも強烈に心に刺さっている言葉があります。

今回は、そのアインシュタインの言葉をご紹介します!

アイシュタインの名言

アインシュタインというと、何といっても相対性理論です。

僕は昔、特殊相対性理論の本を読みまくりました。時間と空間の話がSFすぎて、めちゃくちゃ面白かったからです。

一般相対性理論の方は難しくて分からなかったんですけど、特殊相対性理論は中学生でも楽しめる内容だと思います。

数十冊読んだ中で、僕のおすすめの本は次の2冊です。

アインシュタインの謎を解く 誰もがわかる相対性理論 

世界を変えた式―アインシュタインVSニュートン 

アインシュタインの謎を解く 誰もがわかる相対性理論

「アインシュタインの謎を解く 誰もがわかる相対性理論 」の方は、まさに入門書です。アインシュタイン以外にも、いろんな有名な物理学者が登場してきます。

時系列に沿って物理学界の移り変わりを平易なことばで紹介してくれるので、非常に読み物として面白いし、分かりやすかったです。数々の思考実験が出てくるので、わくわくしましたねー。

世界を変えた式―アインシュタインVSニュートン

「世界を変えた式―アインシュタインVSニュートン」の方は、海外の著者なんですが、なんとアインシュタインとニュートンが対談するという、ユニークなアイデアで相対性理論の世界を探検させてくれます。

本来、時代が異なっているのであり得ないんですけど、「もしも、この2人の天才が対峙したら、どんな会話が展開されるんだろう?」という不思議な高揚感があり、非常に面白かったですね。



アインシュタイン150の言葉

さて、僕の心に刺さったアインシュタインの名言は、以下の本に掲載されていました。

アインシュタイン150の言葉

created by Rinker
¥1,320
(2021/04/18 21:56:07時点 Amazon調べ-詳細)

では、ご紹介します。

僕の心に刺さったアインシュタインの名言は、

「常識とは、18才までに身につけた偏見のコレクションのことを言う」

です。

常識とは、あなたの狭い価値観にすぎない

常識なんてものは、絶対的なものではなく、時代と場所によって簡単に書き換わります。

例えば、日本では食器を洗う時に洗剤を使うのが常識です。しかし、確かギリシャなんですけど、そこでは洗剤は使わないんですよ。

また、昔の人は1日2食です。1日3食というのは、長い歴史で見ればごく最近のことです。

どっちがいい悪い、ということではなく、時代や場所が変われば、常識は変わるんです。

常識なんてものは、真実でもなんでもない。

だから僕は「そんなの常識だろ」とか「常識的に考えて」という言葉は、使わないようにしています。

だって、僕にとっての常識は相手にとって常識とは限らないし、僕の常識が正しいなんて保証もないんだから。

常識なんて言葉は、狭い価値観の押しつけでしかない

「常識とはただの偏見だ」って、あのアインシュタインが言ってるんですよ?

その意味を考えたら、「おまえ常識だろ」なんて、軽々しく言うことは傲慢だし、自分の頭で思考することを放棄しているとすら思います。

なぜ常識に洗脳されるのか?

周りの価値観に流されて、常識という名の洗脳を受けるのは、なぜなのか?

僕は、まずテレビが原因なんじゃないか? と思っています。

まず、テレビを見るのをやめたらいいです。僕は25年以上も前にテレビを見るのは止めました。

母「ただいまー」テレビのスイッチポチっ 僕「(いい加減にしろや・・・)」僕は実は、基本的にテレビを見ない生活を、もう20数年行っているんですよね 高校生までは毎日テレビを見てました 「とんねるずのみな...

だから、というのもなんだけど、あえてこういう言い方をするけど、僕は「ちょっと常識から外れている」ところがあります。

そのせいで、悪気はなかったんですけど、相手に失礼なことをしてしまったこともあります。

確かに、マナーという意味での常識を学ぶことは必要かもしれないです。例えば、インドネシアは左手は排泄の手だから、右手で握手するのが常識、とかね。それは礼儀として学ぶ必要はあると思う。

逆に、常識にとらわれていないので、よかった面もあります。

例えば、1日1食とか、石鹸で髪を洗うとかです。「常識的」には、あり得ないと思うでしょう? 実際に、僕は何度も何度も言われてきましたから。

でも、自分で実験したら、真実が分かりました。

それを受け入れるかどうかは、その人の自由です。

でも僕は、僕の体験したことを真実であると発信していきたいと思います。

まとめ

なんか、最後は変な感じになってしまいました(笑)

「常識というのは、5年、10年で簡単に書き換わる」とホリエモンさんも言われていました。

思考力の高い人は、みなこのアインシュタインの言う常識という言葉の中身の無さに気付いています。

常識なんてものは絶対的なものではないし、真実でもなんでもありません。時代と場所によって、簡単に書き換わる、その程度のものです。

自分の頭で考えて、行動していくのが大事です。