レビュー

おすすめ!男性用シルクパジャマが快眠すぎて驚いたので感想レビュー

「シルクのパジャマは冬は寒いのでは?」
「シルクのパジャマは着心地が良く安眠できるって本当?」
「シルクのパジャマのサイズ感は?」

「シルクのパジャマは、安眠できるらしい」

そんな口コミ評判を耳にして、シルクのパジャマが気になってしまった、じいこすです!

本当に評判通り、シルクパジャマの寝心地は、いいのでしょうか?!

それを検証するべく、思い切ってシルクのパジャマを買っちゃいましたー!

いや、いいよこれ!

ということで、シルクのパジャマをレビューしちゃいますね!

シルクのパジャマの着心地はいいよ!

まずは、一番気になるシルクのパジャマの着心地なんですが、ズバリいいですよ!

そりゃ2万円以上もするんだから、良くないと困りますわー(笑)

なんかね、一見すると、ユニクロのエアリズムのような化学繊維と着心地が似ているんですよ。

でも、「似て非なる」という感じで、別物ですね。

あとでシルクの特徴も紹介しますが、とにかく安眠具合が違うんです。

いやー、これがシルクのパワーなんですかね?(笑)

不思議だわー。

シルクパジャマのメンズサイズ

ちなみに、僕が買ったのはグンゼのシルクパジャマ(メンズ:サイズM)です。

僕の現在の伸長は168センチ、体重54㎏前後です。

僕は細身なので、Amazonで購入するにあたって、サイズが合うかが少し心配でした。

ですが結論、Мでちょうどよかったです。

少しゆったりしていますが、手首も足元も「長すぎる」ということはありませんでした。

さすがに外で着るならサイズが大きいところなんですが、部屋で安眠するので、このゆったり感でちょうどよかったですね。

シルクのパジャマで寝ると良い理由

シルクのパジャマの特徴は、以下のように言われています。

シルクパジャマの特徴

  • 睡眠中の汗を吸収
  • 布団の湿度を調節
  • 身体の締め付けが少ない
  • 寝付きが良くなる
  • 清潔なベッド環境を保つ

シルクの素材の特徴

また、シルクの特徴は以下ように言われています。

  • タンパク質でできている
  • 静電気が発生しにくい
  • 吸湿性・保湿性・放湿性に優れている
  • 赤外線を吸収
  • 耐熱性に優れている

シルクのパジャマで寝ると良い理由

僕がシルクのパジャマで寝ることにした理由は、もちろん寝心地が良さそうだったからです。

そのことに気づいたきっかけがあるので、紹介します。

それは、「人生がときめく片付けの魔法」で世界一有名な日本人になった「こんまり(近藤麻理恵)」の旦那さん、川原卓巳さんの著作の中にありました。

「Be Yourself 自分らしく輝いて人生を変える教科書」に、こんなことが書いてあったんです。

「シルクのパジャマで自分を大切に」

 

僕が、自分の心地良さを優先するような暮らしを送るきっかけをくれたのは、やはり麻理恵さんでした。

忘れもしません。結婚前、麻理恵さんと付き合うようになって初めてもらった誕生日プレゼントは、シルクのパジャマでした。

「寝る時にこそ、最高の状態でいないとダメだよ」

そうニッコリと笑って渡された包みを開けた時はびっくり。

着古したTシャツとジャージで眠る生活から10段階くらい一気にアップグレードしました。

自分には不釣り合いな気がしたけれど、実際にシルクパジャマに身を包んで眠ってみると、何とも言えない幸福感で満たされたんです。

あー、自分を大切にするって気持ちいい。

まさに肌の感覚にスイッチが入った瞬間でした。

出典:川原卓巳「BeYourself 自分らしく輝いて人生を変える教科書」

この文章を読んで、僕は思いました。

「そうだ!睡眠は人生の半分であり、とても大切なのだ!

だからシルクのパジャマで、自分を大切にするのだ!(小学生の感想)」

まさに、この本にインスパイアされて、発作的にシルクのパジャマを買い求めたのです!

結果、おれグッジョブ!

なぜか(?)、素晴らしい安眠がもたらされましたんです!(興奮して日本語が変)

なんかね、いままでと違うんですよ。

途中で目が覚めず、朝までぐっすりなんですよ。

いや、不思議だわー(2回目)

シルクのパジャマのメリット

ここで、シルクのパジャマのメリットをまとめておきます。

シルクのパジャマは寝心地がいい

これは、もう実証済です。

ほんとに寝心地が良くて、朝までぐっすりです。

ただし、「寝つきがいい」ということではないですよ。

シルクのパジャマに着替えてたからといって、10秒で眠れるわけではありません(人によるかもしれないけど)。

シルクのパジャマは肌荒れに優しい

シルクは、肌に優しいといわれています。

その理由は、シルクは「人間の皮膚に近い、多くのアミノ酸から構成されている」からで、「人肌にしっとりとなじみやすい繊維だから」とのこと。

実は、僕は乾燥肌で、これが冬場の悩みなんです。

冬場にユニクロの化学繊維を着ていると、皮膚がはがれた細かい粒子?が、シャツにくっついて、取り払うのが大変なんです。

でも、シルクのパジャマは、常に10%の水分を保ち続けていると言われています。

そのため、肌が乾燥しすぎるのを防いでくれるみたいなのです。

ついでに、細菌の繁殖を抑える効果もあるそうで、美肌効果も期待できるみたいです。

シルクのパジャマで、乾燥肌が改善する可能性があるみたいなので、今後が楽しみです。

シルクのパジャマの寿命は意外と長持ち

シルクのパジャマの寿命は2~3年みたいです。

意外と長持ちすると思いました。

ただし、部屋着のように長時間着ていては、寿命は短くなります。

ちゃんと寝るときだけの儀式としてシルクパジャマを着て、起きたら部屋着に着替えます。

シルクの光沢が無くなると、生地が薄くなっているので、買い替え時期のタイミングみたいです。

シルクは静電気を起こしにくい?

シルクは「帯電しづらいため、静電気防止に効果的」と言われています。

でもね、正直な話、朝起きてシルクパジャマを脱ぐ時に、パチパチと盛大に静電気が走りますよ。

「え?静電気を起こしにくいって、なんのこと??」

って思うくらい、ほんとにパチパチきます。

ただしこれは、1月の真冬の話です。

空気が乾燥しているので、「さすがに避けられないこともありますわねー」くらいに思っています(笑)




シルクのパジャマのデメリット

シルクパジャマのデメリットについても、見てみます。

シルクのパジャマは真冬に寒い?

「シルクパジャマは真冬に着ると寒いのでは!?」という心配がありました。

そんな心配をしながら購入した日付は、なんと1月上旬の真冬です。

これも実験でござるー!!

といいつつ、(寒かったらどうしよう・・・)と不安があったのも事実です。

その結論ですが、確かに、シルクのパジャマは真冬には寒い。

寒いのですが、それは着る瞬間だけ冷たいのです。

↑これは勘違いでした。シルクは着るときも寒くないです(部屋の温度で温まっているので)

てか、そもそも部屋には暖房を入れているので、着たあとはそんな寒くないです

そして寝るときには暖房をオフにして布団に入りますが、ちゃんと温まります。これは全く問題ない。

上半身には、シルクパジャマの上にパーカーを着ていますが、下はそのままです。

言っておきますが、パジャマの内側にシャツとかスパッツとかは、一切着ていませんよ(当たり前か)。

シルクはメリットとして「保温性がいい」と言われていますが、うん、確かにそんな感じです。

見た目のイメージとは違って、そんなに寒くないんですよ。

ということで、シルクパジャマは真冬でも大丈夫です!

これからは、冬でも僕はこれで乗り切りますよ。

(なお、僕は「温冷浴」や「裸療法」といった健康法を実践しているので寒さに強くなった、という実感もあります。)

※追記

シルクパジャマを着て寝ていたら、なんと、熱くなって汗をかいて目が覚めました(実話)

シルクのパジャマは夏でも涼しい?それとも暑い?

シルクのパジャマは夏でも涼しいのか?それとも暑いのか?

これは夏にならないと不明なので、またその時に追記しますね。

シルクのパジャマは普通に洗濯してはいけない

シルクのパジャマは、洗濯機で洗濯できません。

これがデメリットと言えば、デメリットですかね?

ですので、中性洗剤を使って、手洗いです(柔軟剤とか入れてはダメ)。

色落ちするかもしれないので、シルクのパジャマだけで、やさしく手洗いを行います。

シルクのパジャマはシワになりやすい?

シルクのパジャマは、シワになりやすいといわれています。

保管はハンガーにかけていますが、購入時のシワが、とれていません。

洗濯したら、追記します。

追記:シルクパジャマは洗濯機でOKだった

シルクパジャマを洗濯機に入れて実験してみました。

結論、大丈夫でした!

脱水もしっかり最後の方まで行います。

あ、でも、ちょっと手前で止める心持ちです。

これが、洗濯機で脱水した状態です。

まぁ、シワはありますね。

で、乾いたら、こんな感じ。

あなたは、どう見ますか?

シワは完全には取れてませんが、まぁ問題ないですよね?

厳密にいうと、そりゃ手洗いの方が優しいと思いますよ。

耐久性とか気になる人は、洗濯機でシルクパジャマを洗わずに、メーカーに言われている通りに手洗いした方がいいかもですね。

でも、僕はこの実験結果なら、洗濯機で問題ないと判断しました!



シルクのパジャマのお手入れ方法

シルクのパジャマのお手入れは、タグに書いてあります。

以下の通りです。

  • 中性洗剤で手洗いする(洗濯機・柔軟剤の使用はNG)
  • 色落ちするので、他の洗濯物と一緒にしない
  • 水に長時間つけない
  • 弱く絞る
  • 形を整えて、直射日光を避けて干す
  • アイロンは、あて布を使う
  • 燃えやすいので、コンロやストーブに注意する

まとめ

というわけで、シルクのパジャマを2万円出して買いましたが、良い自己投資ができたと喜んでいます(^^)

「寝る時にこそ、最高の状態でいないとダメだよ」

という、こんまりの言葉が素晴らしいですねー!

そして、シルクのパジャマを実際に着てみると、確かに着心地がよく、本当にぐっすり眠れました。

確かに、「自分を大切にするって気持ちいい」ですね。

夜、途中で目が覚めることが多かったのに、シルクパジャマを着て寝たら、それがなくなったので不思議です。

シルクのパジャマ、もっと早く買っておけばよかったー!

この商品がレビューが良かったですよ!

↓ ↓ ↓

知ってる?Amazonでお得に買い物する方法はこちら↓

Amazonで買い物するなら、Amazonギフト券購入チャージがおすすめです!

Amazonに現金でチャージするたびに、最大2.5%分のポイントが貰えるんです。(知ってました?)

1回のチャージ 通常会員 プライム会員
5,000円~19,999円 0.5% 1.0%
20,000円~39,999円 1.0% 1.5%
40,000円~89,999円 1.5% 2.0%
90,000円~ 2.0% 2.5%

しかも今なら、初回Amazonチャージで1000円分のAmazonポイントがプレゼントされるキャンペーン中!

\ 今なら1000円が無料でもらえる! /

コンビニ・ATM・ネットバンクが対象
+ 通常ポイント 最大2.5%

公式⇒Amazonチャージの特典