レビュー

八藤浩志さん(52才)が30代にしか見えない! いま評判の本「見た目が若いは、武器になる。」を読んだ感想と、若返る8スキルの方法が素晴らしい件

最近、実年齢より若く見える方がどんどん出てきておられて、僕としては非常に心強いなーと思っているんですが、最近「見た目が若いは、武器になる」という本を出版された八藤浩志(はっとうひろし)さんも、お若いですよねー!

僕としては八藤浩志さんの思考はいかがなものなのか、とても興味があったので、いま評判の本「見た目が若いは、武器になる」を購入しましたよ♪

 

「見た目が若いは、武器になる」

見た目が若いは、武器になる見た目が若いは、武器になる

この「見た目が若いは、武器になる」の冒頭にある八藤浩志さんのお言葉がいいんですよ

「永遠に38才、そこから歳をとらない。そう自分で決めているのです。」

いや、素晴らしいですね!
「そんなの自分で決められるわけないじゃん、ばかなの?あほなの」って思われるかもしれません(おい)
確かに現代医学、または西洋医学的には、そうなんです
でもね「そうじゃない考え方」もあるんですよ
八藤浩志さんは、「そうじゃない考え方の人」なわけですね
だから八藤浩志さんは見た目が若いんですよ、僕はそう思います

 

八藤浩志さんのプロフィール

八藤浩志さん(52才)八藤浩志さん(52才)

八藤浩志さんは、今年(2017年)で52才だそうです
でも、永遠に38才を目指しているそうです

会員制ネイルサロンとして関東と関西に26店舗を展開する「ネイルステーション(1997年創業)」の代表を務められているそうです

当初は睡眠時間を削って働き詰めで、それが原因で体調を崩して、精密検査を受けた結果「結核」との診断を受けたとのこと

入院中は、それまで身体を粗末に扱った自分を責めたそうですが、幸運なことに体調は回復に向かい、3ヶ月で無事に退院されて、気持ちも前向きになり、美容・健康関係の本を読み漁り、美容クリニック、トレーニング、育毛サロン、アンチエイジングドックなど、若返りや健康にいいとされているものは、ありとあらゆることに取り組まれたそうです
これまでに費やした金額は、なんと1億円を超えているとのこと(!)

その経験から導き出した「HMdメソッド」を提唱されて、現在では年商15億円を稼いでおられるそうです

八藤浩志さんは、著書「見た目が若いは、武器になる」の中で、こう言っておられます
大変に心強いお言葉だと思います♪

「若さや健康はお金で手に入れるものではなく、自分自身で作り出せる「人間の持つ秘めた能力」だということ。能力の獲得には常に努力が付き物ですが、訓練さえすれば誰でも必ず手に入れることができるのです。」(書籍「見た目が若いは、武器になる」より)

 

八藤浩志さんの提唱する若返る8つのスキル

八藤浩志さんは、若返るスキルとして次の8つを挙げられています
とても素晴らしいと思います
ちょっとだけ、ここでご紹介しますね

若返るスキル1.「写真」

写真は客観的に自分を見るためのツール。自分の魅力を引き出すメイクやファッションも大事。

 

若返るスキル2.「数字の基準」

ベスト年令、先端ケアの頻度など「数字の基準」を設けることで、前向きに取り組めるようになる。

 

若返るスキル3.「食事」

食事が第一。決して老けない食事法を。

 

若返るスキル4.「髪」

髪は若さを印象付ける。顔の印象を左右する眉毛や白髪の扱い方も。

 

若返るスキル5.「続ける」

生活に美の儀式を組み込むことで、それを続ける。日々の積み重ねはとても大事なこと。

 

若返るスキル6.「体幹」

加齢とともに衰えがちな「体幹」を強化。細胞レベルでの若返りを。

 

若返るスキル7.「睡眠」

細胞の修復を促すには質の高い睡眠が大事。

 

若返るスキル8.「スイッチ」

美意識のスイッチを押してくれるアイテムを味方につける

 

この8つのスキル「写真」「数字の基準」「食事」「髪」「続ける」「体幹」「睡眠」「スイッチ」の中で、僕が面白いなと思ったのは「スイッチ」です
美意識のスイッチを押してくれるアイテムを活用するというのは、僕もやってはいましたけど、そこまで明確に認識してやってはいませんでした

あと「写真」も面白いですね
八藤浩志さんは、毎週月曜日に自撮りをすることを提唱されています
「美容の意識を高める起爆剤」と言われていますよ、その発想はなかった!(笑)

やはり成果を出されている方の思考は面白いですし、とても参考になりますねー♪

 



「見た目が若いは、武器になる」の内容で共感した部分

「見た目が若いは、武器になる」を読んでいて、「やはり!」と思ったのは、八藤浩志さんは思考について述べられているところです
八藤浩志さんは「老け込むというのは、実は見た目よりもマインドが原因である場合が往々にしてあります」と述べられています
僭越ながら、僕もアンチエイジングのキモは「行動ではなく思考」という考え方を持っていますので、心強いって感じです(笑)

あと面白いのは「まず靴をそろえることから」に言及されていたことです
こういう日常生活の部分は、意外と見落としがちなところなので、僕自身も再認識できました
(この辺については、僕も何点か紹介したいことがあるので、おってご紹介していきます)

八藤浩志さんのお酒に関する考え方は「飲み会は楽しみつくして、翌日に調整すればよし」ということで、ほんの少々僕と意見が違うところもありますけど(僕はお酒に関する思考を書き換えたので)、呼吸法や筋トレにも触られていましたし、全体的に信頼がおける内容だと思います(なんか僕、エラそうだな・・・)

 

「見た目が若いは、武器になる」の全体的な感想

ちょっと上から目線で申し訳ないんですけど、八藤浩志さんは、美容や健康について、しっかりと勉強されていると思いました
八藤浩志さんは、美容・健康関係の本を読み漁ったとのことですが、本当にそれが伝わりましたし、チョイスされている内容も的確だと思います
僕の知らないこともいろいろ書かれていましたし、着眼点が面白い部分もいっぱいありました
本を1冊読んだだけですが、信頼のおける方だと僕は感じましたよ

セミナーとかあるなら、いずれ直接お会いしてお話を拝聴したいって思いました♪

ここまで読んでくださって、どうもありがとう☆

補足:内容の覚書

・朝の白湯パワーに驚いています。起き掛けに白湯を飲むことで体がゆっくりと覚醒する感覚が心地よいのです。同時に腸のぜんどう運動が活性化し、さらに水分で便が柔らかくなるため、お通じが自然と訪れます。また内臓の温度が1度上がると基礎代謝が10%程度アップするといわれています。世には若返りドリンクなるものがたくさんあふれていますが、白湯こと若返りドリンクといっても過言ではありません。(白湯の作り方は書いてないけど、別な本で10分~15分沸騰し続けると書いてある。)

・空腹時に若返りホルモンが分泌される。

・おすすめはニンニクとショウガ。キャベツは免疫力を高める作用がある。抗酸化力は野菜の中でトップクラス。