健康分野

【中健次郎】評判の気功教室に初参加して1本指で振り回された結果…

こんにちは! じいこす(YouTube【人生の扉を開く教室】)です。

今回は評判の中健次郎先生の気功教室に参加してきて、指一本で振り回されたという経験をしたので(笑)、その話をシェアしたいと思います!

じいこす
じいこす
Youtubeでも同じ内容が見れるので好きな方をどうぞ!

中健次郎先生の気功教室に行ってみた理由

あなたは、気功って聞いてどういうイメージがありますか?

僕は昔、小学校の頃にテレビで見たんですよ。

なんかこう、うわーバタンバタンみたいな、吹っ飛ばされるようなものを見たりして、「本当か? やらせじゃないの?」「気とか本当にあるんですか?」みたいな、よく分かんなかったんですよ。

僕は霊感とか霊能力とか全くない一般人なので、気とかエネルギーとか分かんないですよ。

でも一回ぐらい体験したいな、って興味はあったんですよ。

きっかけとしては、ある本を読んでたら、「中健次郎先生の気功がすごい」みたいなことが書いてあって、へーと思って調べたら、近々教室があるっていうので「あ、じゃあ行こう」みたいな。

「何するか知らんけど、行こう」みたいな、それぐらいの軽い気持ちで行った訳です。

中健次郎先生が素晴らしくて本当に凄い

そしたら、中健次郎先生が素晴らしくて本当に凄いんです。

「こんな人になりたい」って思うくらい、「人生の師匠ですか?」っていうぐらいのいい素晴らしい方でした。

そもそも、「気功って、人生がうまくいく基礎中の基礎」ぐらいに感じました。

「お前、また、いいすぎだろう?」って思われるかもしれませんけど、本当にそう思いました(笑)

僕の説明力だと、ちょっと不十分かもしれないです。

先生がおっしゃっていることの十分の一ぐらいの密度になってしまうかもしれないですけど、すっげえ大事だと思いました。

驚きの気功体験

まず、驚きの気功体験ということで、2つ紹介したいと思うんですよ。

1:みるみる肌が赤くなる女性

1つ目がみるみる肌が赤くなる女性、っていうことなんですけど、これ何なのかと言うと、先生が参加者の一人をモニターとして呼んで、目の前で実演してくれたんですよ。

その女性は、肩が凝ってるみたいな感じだったんです。

先生がアロマオイルを首に塗って、牛の角でできたヘラで、撫でるんですね。

気を入れてるらしいんですけど。

そしたら、その女性の首がみるみる真っ赤になって、もう本当にびっくりしたんです。

一応写真を撮らせてもらったんですが、その写真をさすがにちょっと無許可でここに掲載するのもなんだから、写真はちょっとお見せできないけど。

本当に真っ赤になってて、後で聞いたんですよ。

「すっごいですよ、その色!」って。

そしたら、痛かったらしいんですけど、先生は凄い軽く撫でてるんですよ。

で、もう真っ赤になって、それ悪い気が滞ってるからそうなるっていう話でした。

先生がやることによって、悪い気が表に出て、そしたらすごい首が軽くなったってその女性の方がおっしゃってて、あと目、視界も凄いクリアになったそうです。

そんな感じで、たまってる気って、本当にこんな風になるんだ!っていうのが驚きの気候体験その1です。

2:1本指で振り回される

もう一つの話が、一本指で振り回されるっていうことです。

あのね、最初に言っておくと、先生は別に「俺すげえだろ」みたいな感じの、「これが気功じゃー」みたいな、そんな感じの方じゃないんですよ。

全体で4時間中の、本当に数分だけ、そういうちょっとパフォーマンス的なことを見せてくださったんですけど、その中で参加者の女性が先生の一本指を掴む、そしたらもう、ばたばたばたばた振り回されるんですね。

うわ面白そう、と思って「僕も体験したい、はぁはぁ」みたいな感じで先生の方を見てたら(笑)、先生が一本呼び出してくださったんですよ。

僕がつかみましたら、先生が腕を振られる訳で、そしたら僕も本当に、ばたばたばたばた
ばたばたばたばた、みたいな感じで振り回されました。

その時にどういうことかっていうのが、分かったんですよ。

なんかね、繋がってる感じなんですよ。

だからね、もう抵抗する気がないですよ全く。

先生は力を入れてないですよ、力入れてなくて、なんか大きな渦巻が動いてるような感じですよね。

そしたら僕も繋がってるから、ただ単にそれに沿って動いてるっていうような。

そういう繋がるっていう感覚なんですね、あれは。

あと先生が見せてくれたのは、参加者の人が腕を前に出して、先生が2本腕を上から押さえるんですね。

力で抑えると、参加者の体は沈まないんですよ。

でも、先生が気を使って押すと、そのまま参加者は、ばたって潰れていくんですよ(笑)

大木をイメージしてほしいんですけど、その幹(根)があるじゃないですか? 幹(根)から押し付けてるような感覚なんですよね。

そんな感じで、気っていうのをちょっと体感することができましたね。

「あ、こういうことなんだ」っていうのが、わかりました。

それが驚きの気功体験ですよね。

中健次郎先生

中健次郎先生についてなんですけど、たまたま本で知って、ひょいと気功教室に飛び込んだだけで、詳細は全然知らなかったんです。

中健次郎先生は、東南アジアとかオセアニアとか南太平洋とかを放浪されていたそうです。

真実を追及したい、みたいな感じで中国に留学して、医学だったり太極拳とかっていうのをその道の第一人者に学んで、その話もちょっと教えてくださったんですけど、向こう本場のすごい偉い先生って本当に凄いらしいですけどね。

他にもインドの聖地に行ったり、中国の霊山に行ったりして、マザーテレサとかにもお会いしたみたいな感じなんですけど。

見た感じは本当に柔らかで、喋り方も凄い柔らかくて、すごい素敵な方なんですよ。

ふにゃふにゃ柔らかいんじゃなくて、ちゃんと一本筋が通っているって言うか。

柔らかいのに心があるっていう感じ。

もう僕はね、マトリックスのネオだと思います、本当に(笑)

マトリックスの映画で最後にネオが、呼吸した時に空間が広がるっていう演出があるんですけど、マトリックスっていう映画よくできてるんですよ。

なんかね、あの感覚でしたね、なんかネオに見えましたね、って何を言ってるんだ(笑)

あと龍にも見えましたね、龍人だと思ったんです。

こんな人になりたいな、と思いました。

本当に素敵な方でした。

だから「俺は気功でぶっ飛ばせるぜ」みたいな、そういう方では全くなかったですよね。

気功とは?

そもそも気功って何なのか? っていうことなんですけど、僕が当日色んな体を使ったワークをやったり、お話を聞いたりして感じたことをちょっと紹介します。

気功って何なのか?

全身に気が通るっていうことだと思うんです。

今の状態は、気がどっかで止まってるんですね。

硬いから、体がリラックスできてないから、本来ある気が滞っていて、それをちゃんと通しましょう、っていうのが、先生が教えてくださってる気功だと思ったんですよ。

気功で気が通ると?

気が通るとどうなるのかっていうと、体の調子が良くなったりするそうです。

末期がんでステージ4だった人ががんが消えたとか、30年間止められなかったタバコが
ぴたっと止められたとか。

気が滞ってると、心も固まって、固定観念とか思い込みとか、誰かから嫌なことを言われて「あの人が憎い」みたいな、、。

そういうことにとらわれてる状態だと、本来の自然な状態じゃなくて、それで病気もして、人生もうまくいかない。

ゆるめる技術

固まってるのを緩める技術を、教えてくださるわけです。

あ、体がゆるむって、こういうことなんだ、って。

体が緩むと、心も緩んで、思い込みとか、固定観念とか、そういったものから解放されて
本来の自然な自分に戻る。

僕が言うと、なんか浅はかな感じになってしまうかもしれないですが(笑)

「気功って凄い大事じゃん!めっちゃ大事じゃん!」って思いました。

世界の見え方が変わった

気功教室の感想として「世界の見え方が変わった」ということで3つ挙げました。

1:気付く感覚

僕は、気とかわからないと思い込んでたんですよ。

でも、「それはあるのに、気付いてないだけなんだ」って感じました。

実際みんな、使えてるんですよ。使えてるって言うか、みんな持ってる。

きっと、地球上の全員が気っていうのを持ってて、その感覚も本当は持ってるはずなんだけど、でも固まってることによって、それが分からない。

色んなノイズが、世の中にあるじゃないですか?

あれによって分からなくなってる。

例えば夜空が、東京の夜空とかはスモッグであんまり星が見えない訳でしょう?

でも沖縄の波照間とかいったら、めっちゃ星が見えるわけですよ。

余計なノイズがあると、きらきらした他の星が見えない訳ですよ。

でも本当は、その星ってある訳じゃないですか。

そういったことに、気付くきっかけになったって言うのかな?

半側空間無視

脳の話をすると、脳の右側に障害がある人って、左側が認識できないらしいんですよ。

「半側空間無視」って言うんですけど、食事とか出るじゃないですか? 右側しか食べないので左側にあるものは食べないの、その人。

認識できてないの、見えてるけど認識できないんだって。

だから脳っていうのは何か、まそういうものなんですよ、そういうものなんですよっていうか(笑)

訓練していくと、そういう認識力ってやっぱり上がるみたいなんですよ。

脳は変化するんですね、可塑性(かそせい)っていうんですけど。

例えば、プロのピアニストと一般人の人が音楽聞いたら、脳が活動する場所って違うんですね。

それって、生まれた時の資質とは多分違うんですよ。

プロのピアニストも普通の人も、生まれた時はきっと同じなんです。

でも、訓練によりプロのピアニストと普通の人では、音楽を聞いた時に脳が活動する領域が変わる。

認識できる部分が違うってことですよね。

それは多分、訓練によってできるんですよね。

そんな感じで気付くっていう、そのきっかけになりそうな感じでした。

2:緩める感覚

それから次、ゆるめる感覚っていうことなんですけど、ゆるめるって僕は凄い大事だと思ってたんです。

イン・トゥ・ザ・マジックショップっていう本を書いたジェームス・ドゥーティーさんも
言ってたけど、体を緩めるっていうのはものすごい大事だって。

緩めるっていうのは大事だって思ってたんだけど、「あ、まだまだ硬いな」って、今回出て思いました。

ゆるめるって、こういうことなんだ、みたいな。

なんかね、先生の「丹田から動く」っていう表現が分かり易くて、手をこうやって動かすんじゃなくて、丹田が動くから手が動くんだ、みたいなお話だったんですよ。

なるほどーみたいな、別にできませんけど(笑)

でも感覚としては「あ、そういうことなんだ」って。

だから「ストレッチで身体をゆるめましょう」みたいな、ギューとかってやるじゃないですか。

別にあれはあれでいいかもしれないけど、本当に緩めるっていうのは、筋肉を使ってやることではない、っていうか、本当に緩めるっていうのは、そうではないんだな、っていうことが今回分かりました。

3:繋がってる感覚

繋がってる感覚っていうのは、僕は今回その先生の一本指を持って持って振り回されることで「あ、つながるってこういうことなんだ」って感覚は分かりました。

なので、僕もいずれ、それ多分できるようになると思います。

っていうか、みんなできるようになると思います。

その感覚さえ分かれば、で練習すれば。

これ誰でも、そんな特別なことじゃなくて、普通にできるようになるんだな、っていうような感覚はありました。

そんな感じで、見え方が変わったというか。

「気は、本当になんかすげえな」と。

『泗濱浮石(しひんふせき)』(べんせきヘラ)で、顔のシミとかシミとか取れるみたいですよ。

今後僕の顔がどう変わるのか?楽しみなんですけれども(笑)

参加して超良かった

今回の気功教室なんですけど、「なんかよく分かんねえ」みたいな感じで、とりあえず行ってみるかみたいな感じで行ったんですけど、本当に参加して超よかったですね。

やっぱね、誰が教えてくださるか?って、すごくなんか大事なんだなと思って。

今回の中健次郎先生は、本当に人柄が凄い素敵な方で、もうお会いできて凄い良かったですね。

今回の一回だけだと、ちょっと物足りないというか、また次の機会にも僕は参加したいと思ってるんですよ。

そんな感じで気功は全然怪しいものじゃなくて、これ本当に大事なものだと思います。

リラックスするための本気の技術みたいな。

今後も実践していこうと思ってます!

知ってる?Amazonでお得に買い物する方法はこちら↓

Amazonで買い物するなら、Amazonギフト券購入チャージがおすすめです!

Amazonに現金でチャージするたびに、最大2.5%分のポイントが貰えるんです。(知ってました?)

1回のチャージ 通常会員 プライム会員
5,000円~19,999円 0.5% 1.0%
20,000円~39,999円 1.0% 1.5%
40,000円~89,999円 1.5% 2.0%
90,000円~ 2.0% 2.5%

しかも今なら、初回Amazonチャージで1000円分のAmazonポイントがプレゼントされるキャンペーン中!

\ 今なら1000円が無料でもらえる! /

コンビニ・ATM・ネットバンクが対象
+ 通常ポイント 最大2.5%

公式⇒Amazonチャージの特典