スピリチュアル

【映画】『美しき緑の星』観た人が覚醒する!地球にやってきた目的を思い出す映画

こんにちは! じいこす(YouTube【人生の扉を開く教室】)です。
このブログは、あなたが本当の自分でいられる居場所を見つけて、幸せになる応援をしています!

今回ご紹介するのは映画ですね。

見た人が覚醒する、地球にやってきた目的を思い出す映画。

見たら覚醒する映画、何じゃそれ?ってことですよ。

僕がブロック解除の先生に、こんな映画があるよって、教えていただいたんです。

みたら覚醒するって、何それ?ってなりますよね。

思わず目がキラキラとなりまして、何?見る見る!みたいな感じでポチッとしまして。

それが「美しき緑の星」という映画でございます。

ということで、こちらの感想をちょっと紹介していきますね。

じいこす
じいこす
Youtubeでも同じ内容が見れるので好きな方をどうぞ!

『美しき緑の星』詳細

『美しき緑の星』内容

まず映画の詳細から行きますけれども、美しき緑の星 日本語字幕版ということでアマゾンで発売されております。出演監督がコリーヌ・セローさんという方で1996年のフランス映画で上映時間は93分ですね。

ハリウッドで大ヒットしたコメディ映画「スリーメン&ベビー」の原作者でフランス映画界の巨匠コリーヌ・セロー監督が描く宇宙から見た地球という惑星の世界。キャッチコピーが「あなたが地球にやってきた目的を思い出す」。
これはもうまさに宇宙人さんのための映画じゃないですか!

あらすじを紹介しますと、地球より小さい緑の星というのがどこかにありました。

そこで住人たちが幸せに暮らしているんですけど、自給自足の生活で身分制度もなくて、平和で争いもない戦争もない、そういう国であると。

この人達が超能力を持ってて、色んな星に派遣されるというそういうお仕事があるみたいで、行きたい人って言ったらはいはいはいっていろいろ人が手をあげるわけですよ。

で、地球に行きたい人って言ったらシーンってなる訳ですね。そういうことで、地球っていうのは危険な星であると。
何人か過去に行ってて、なんかもうひどい目に遭ったみたいな、あそこはひどい星だよみたいなことになってて、地球に行きたい人は皆無ってな感じになってる訳ですよ。

でも、ある一人が志願をしまして、地球に行ってどんな経験をしたのか? 今の地球っていうのはそういう宇宙人さんから見たら、どういう風になってるのか? そういう俯瞰的視点で地球を見れる映画なわけですね。

映画の内容がチャプターをスクショしたんですけど、さっき僕見たからどこのシーンがどういうシーンだったかっていうのは大体分かるんですけど、全部言うとあれなんで。

最初「星の総会」っていうのが、さっき言った誰が行くみたいな、ここの星はどういう星なのかっていうのの紹介な訳です。

次に地球に行きますと、一人が地球に行ったら当然ゴホゴホみたいな空気が悪くて大気汚染の話であるとか。

動物の死体を食べているのか、ぎゃーみたいな話とか、食品添加物を食べて「こんなもん食ってたら内臓が破壊される」とか、水を飲んだらブーって吐くとか。

後はテレビを見たら「こんなもん見たら頭が破壊される」とか、まあそういった描写がございますね。

ノートルダムっていうのは、あそこにお金を隠してて、金貨なんだけど貨幣価値が分からないから、これ宇宙人さんの特長ですね。貨幣価値が分からないという。金貨三枚をお札一枚と交換して全然つり合ってないんだけれども、わかんないから最終的にはその金貨いらないから湖にポチャポチャって投げてましたけど。

あと演奏会があったりサッカー観戦があったり、サッカーのシーンはわりと大がかりで、どうやって撮ったんだろう?みたいな。当時はCGはそんなに発達してないのに凄いなと思いましたけど。

接続解除=覚醒とは

この映画を見ると、覚醒されるよっていうことで、その覚醒っていうのはどういうものなのか? それが映画の中でも面白い描写として紹介されてたんですよ。

この緑の星の住人は、何か超能力的なものを持ってるんですね。頭を抑えてカッってやると地球人の人のブロックが解除されるみたいな感じなんですが。

それによって、いわゆる地球の常識からは解放される訳ですね。その結果、例えばクラシックをおしとやかに演奏してたのが、急にフリーダムに演奏を始めたりとか。

僕はこのシーン、すごく良かった。演奏を聞いているとテンションがアガりますね。この演奏会だったら行きたいと思いました。

あと、サッカー選手が急に踊り始めたり、水浴びをしたり、オーソレミヨーと歌い出したして、とにかく解放されるシーンとか。

あと、ブロック解除されることで感受性が高まって、めちゃくちゃ怒ってた人が木に抱きついたりとか、地面にキスをしたりとか。

映画を見ることで、こういった地球の常識から解放されて人間の本来あるべき姿の、その一面が垣間見れるようになっています。

印象的なラストシーン

簡単な感想なので、もうこれで最後にまとめになりますけど、まとめになってるのかな?(笑)

一番印象的なシーンだったのが、ラストシーンなんですよ。「静寂のコンサート」っていう、何もない野原に、多くの人が座って、なんか耳を傾けているんですね。

別に何も演奏されてないんですよ、地球の音を聞いてるような、風の音を聞いてるみたいなシーンだったんですけど。

そのシーンが印象的で、宇宙、大地、精霊の声を聞くみたいなね、こういう時間を持つといいよみたいなのが映像的に視覚的に表現されてて「あっ、このシーンはいいシーンだな」と思いました。

あと映画を通して言われてるテーマとしては、やっぱり感謝するということなのかな。

五体満足で、今生きてることに感謝できる。あなたはもうこれで十分、いまのあなたでも十分幸せでしょ?っていう。

あと、さっきの演奏会のシーンで表現されてたんですけど、自分自身が感じるままに自分を表現する。そういったことのために、宇宙人さんは地球にやってきてるんだよ、みたいな。そういう映画でございましたね。

見て良かったですよ。演奏会のシーンが僕は凄い気に入ったかなっていう感じです。

アマゾンで購入できますので、よろしかったらご覧くださいませ。

created by Rinker
¥3,630
(2022/09/26 22:27:23時点 Amazon調べ-詳細)

宇宙人さん応援のYouTubeチャンネル更新中!

宇宙人さんであることに目覚めて、絶賛、YouTubeチャンネル更新中!

宇宙人さん応援チャンネルをよろしくです!

こんな動画をあげてます