食事のこと

断食3日間の成功の方法と、ダイエットや体質改善の影響について

僕はこれまでの人生で断食を3回行っています。今回は断食の体験談を書いてみます。

断食の時間・方法は?

まず、時間についてですが、僕が行ったのは72時間です。3日間ですね。この72時間の間は、何も食べません。しかも僕は同時に「断飲」も行いました。72時間、一滴も水分を飲みません。「断食・断飲」です。これを行いました。

断食の準備について

すまん。正直に言うと、準備については、たいしたことはしてないです。ただ、普通に食事をしていて「じゃ、今から72時間、飲まず食わずね!」ということは、してないです(笑) 数日前から、食べる量を減らしていったくらいです。

断食は道場で行ったの?

断食は自宅で一人で行いました。「断食は危険なので、必ず医師の管理のもとに行うように」などと言われていますが、勝手に一人で行いました。道場に行った経験とかありません。ただ、これは今考えると、おすすめできないやり方ですね…。きちんと成功している人から学んだ方が、絶対にいいと思います。僕のは真似しないでください。(誰もやらないでしょうけど。)

何で断食しようと思ったの?

1回目の断食を行ったきっかけは、あるグループで「みんなで断食しよう」ということになったので、それで行いました。2回目、3回目の断食は、1回目の断食の効果が素晴らしかったから、再び、それを体験したいと思ったからです。

断食をしたあと、体質改善の影響は?

1回目の断食の結果、食の嗜好が変わりました。それまで肉が大好きで、魚や野菜はめんどくさい、という意識だったのですが、肉よりも魚が好物になりました。ただし、この嗜好は断食後、半年くらいで元に戻りました。それでも、食に対する覚醒が起こったと思っています。体質改善というより意識改善です。今の僕があるのは、断食のお陰と言ってもいいと思ってます。

断食のダイエット効果はあるの?

断食したら、たった3日間で、急激に痩せました。見た目がスッキリしました。これは他の人も軒並み同様でした。ダイエット効果は確実にあります。ただし、ダイエット目的で断食するのは、やめた方がいいと思っています。「断食をした結果、見た目がスッキリするというボーナスもあるよ」くらいの意識がいいと思います。単に食べないダイエットは「飢餓の意識」を生み出します。かえって食欲を増進させ、精神にも身体にも悪いです。ダイエットが失敗する人は、この辺が原因かもしれないです。

ダイエットについて

ちょっとついでなので、ダイエットについて言います。ダイエットは、みなさんが思ってるより、ずっと簡単です。みなさん難しく考えすぎです。肉、魚、卵、乳製品、添加物の入ったもの、レトルト食品、コンビニ食品、冷凍食品、自動販売機の飲み物、外食、これらを食べることを止めるだけです。それら以外の、食べたいものを、好きなだけ食べてください。ただし腹八分が理想です。食事回数とか、あまりこだわらなくていいです。1日1回でもいいし、1日2回でもいいです。1日3回とか無理して食べなくていいです。「朝ごはんを食べないとダメ、1日3食が基本」というのは迷信です。あと食べる時間とか、夜10時以降はダメとか、気にしなくていいです。お腹がすいて食べたければ、食べたいときに食べればいいだけです。

「ダイエットが難しい」のは、ただの思い込みです

こういうと、「それら以外の食べたいものって言うけど、何もないじゃん!」とか、「好きなだけ食べろといいながら腹八分とか、矛盾してるじゃん!」とか、「1日3回も食べなくていいって、何を言ってるの? 3回食べないとお腹がすくじゃん!」とか、「そんな簡単にいうなよ、それができないから苦労してるんじゃん!」とか、「お前のいってること、むちゃくちゃ、あほなの?」って言われそうです。(最後のあほなの?は否定せんが…。)でも、それって「今の食生活の思考の延長腺上で、そう思いこんでるだけ」です。全然難しいことはありません。これ、すごく重要なので、声を大にして言わせてもらいます。これは批判ではなく、提言のつもりです。

「きびしい」「むつかしい」「食べるものがない」などなど、すべて幻想です。勝手にそう思い込んでいるだけです。

「幻想」という言葉が、いちばんしっくりきます。断食をされれば、僕の言っていることが理解できると思います。
ちなみに何を食べればいいのかというと、玄米と野菜です。野菜のレシピなんて、いくらでもあり困ることはありません。あと甘いものや、おやつが食べたいときは、バナナ、アーモンド、カシューナッツ、レーズンなどオススメです。そういうレシピも、いずれご紹介します。



断食の期間、仕事はどうしたの?

断食は金曜日の0:00からスタートしました。1日目の金曜日は、普通に仕事してました。2日目と3日目は、土日です。仕事は休みで断食してました。日曜日の24:00に断食が空けます。月曜日は普通に出社です。だから土日が休みの方なら、会社を休まなくても断食できますよ。やらないでしょうけど。。

断食を72時間もやって、つらくなかったの?

1日目は余裕でした。普通に仕事できます。24時間の飲まず食わずくらいで、倒れたりしません。「お腹がすいて力が出ない」とか、ただの幻想です。思い込みです。ただ、あまり激しい運動は当然ですが控えるべきでしょう。

2日目は、つらかったです。精神的につらいです。世界の人間を「呪う意識」になりました。呪う意識とは、どういうことかといいますと

「お前ら、好きな時に飲み食いできて、まったくいい気なもんだ。」

こういう意識です。本当にこの言葉が出てきました。この意識が、断食が終わった後に、感動に変わるんです。「ああ、食べて飲めるって、なんて幸せなんだろう…」って(笑)

3日目は、とにかく食べ物のことだけを考えてました。それが楽しいんです(笑) 「あと、○時間で、好きなものが、好きなだけ食べられる♪ 何を食べようかなー? 楽しみだなぁ♪」という具合です。散歩すると身体はフラフラです。しかし身も心も軽いんです。頭が冴えてるというか、悟りを得たお坊さんのような感じ?です。前日の「呪いの意識」は消え去り、温和でニコニコします。みんな幸せになるといいね、って感じです。お天道様、ありがとうみたいな感じです。

断食が終わって、最初に何を食べたの?

1回目の断食の時は、今ほど食に対して知識がなかったので、けっこう変なものを選択してます(笑) サンドイッチ、イチゴ、野菜ジュース(既製品)、豆乳、こんな感じでした。固形物を食べるのは危険と言われているのですが、その時に身体が欲しているものを食べるのがいいと思ってましたので、素直に選びました。今考えると、サンドイッチと既製品の野菜ジュースは、僕の食の基準からいうと、よろしくないですね(笑) パンは小麦粉や植物油脂が問題ですし、野菜ジュースは既製品ではなく低圧搾のジューサーで自作するのがいいですね。(うるさいな)
まぁそれはそれとして、断食が空けて「何でも食べたいものを食べていい」という状態で、「一体自分が何を選ぶのか?」というのは、自分でもその時にならないと分からないのです。それが、すごく面白かったです。例えばイチゴですが、それまで僕はパックのイチゴなんて買いたいと思ったことは、一度もありませんでしたので、「うわ、こんなの食べたいんだ!?」と他人事のように楽しかったです。2回目、3回目の断食については、覚えてないです。1回目は、それくらい鮮烈な体験でした。

断食で面白い話ある?

不思議なことに、水を一滴も飲んでないのに、オシッコはちゃんと3日間、出るんです(大きい方は出ないです)。きっと体内の毒素が水分と一緒に絞り出されているんですね。

断食っておすすめ?

おすすめです。食に対する覚醒が起きます。自分に本当に何が必要なのかを身体が教えてくれます。プチ断食でもいいですけど、正直にいいますと、僕の感覚では24時間や48時間では足らないです。やはり72時間が必要だと思います。

まとめ

断食3日間の成功の方法と、ダイエットや体質改善の影響についてご紹介しました。この話を他の人にすると「絶対無理!」って言われます。でも、決めて取り掛かれば「絶対可能」ですよー(笑) ただ頻繁にやるものでもないと思います。一度やるだけでも意識がガラリと変わります。リーダーシップを取る必要がある人とか特にオススメだと思います。